東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻家族看護学分野|東京大学医学部健康総合科学科家族看護学教室

white-bear-photo lion-photo

教室主任挨拶

photo_professor_r1家族看護学教室は、1992年、東京大学健康科学・看護学科と共に、誕生しました。家族看護学の教育を行う、大学の教室としては、日本で一番、歴史のある教室です。

家族看護学自体が、新しい専門領域なのです。諸外国よりも家族の絆を重んじる文化的背景のあったわが国においては、健康管理や身体ケアが必要とされるご本人のみならず、家族をも視野に入れた看護実践は、古くから行われていたと言えます。

続きを読む

大学受験をお考えの方へ

当分野は、家族看護学の教育を行う、大学の教室としては、日本で一番、歴史のある教室です。
世界のパートナーとともに家族看護学の実践や研究を通じて家族看護学の発展に貢献しませんか。

詳しく見る

新着情報

2017/02/22
上別府圭子教授が、あいち小児保健医療...
2017/02/15
キタ幸子助教が東京大学附属病院内精神...
2017/02/14
Denise Saint Arnault先生(University ...
2017/02/14
キタ幸子助教の論文がOpen Journal of N...
2017/02/08
論文がDeath Studiesに採択されました!

過去の一覧

大学院生募集

健康科学・看護学専攻では、博士後期課程、修士課程(博士前期課程および保健師・看護師コース)の各課程において大学院生を募集いたします。 当教室にご関心のある方は教室主任(上別府圭子教授)までご連絡ください。  

続きを読む

ページのTOPへ