研究活動

研究プロジェクト

家族形成期のメンタルヘルス

家族形成期にあたる、妊娠、出産、育児という一連の出来事の中では、精神的支援が重要です。こうした支援を担う専門職は、妊娠中は産科医、助産師、看護師です。そして産後1か月健診頃からは、地域の保健師や児を診る小児科医に移行していきます。
これらの専門職の相互連絡・協力は不可欠であり、多職種のネットワークによる周産期メンタルヘルスケアの質の向上が、ますます望まれます。そのため先進的な取り組みについての研究を行っています。
出産後の育児支援ももちろん大切ですが、これからは妊娠期からの支援を展開することで、虐待予防の効果が上がるものと期待しています。母親だけではなく父親も含めた家族へのケアが益々重要になってくると考えています。

詳しくはこちら

関連業績

アタッチメント・スタイル・インタビュー(Attachment Style Interview;ASI)について

アタッチメントは、人間が生まれつき持っている、心の安全がゆさぶられるような危機に面した時に、誰かに近づいて、安全で安心できる関係を求める本能的な行動のシステムです。アタッチメントは、子どもから大人、老人にいたるまで、人間関係を作る能力の鍵となっています。臨床の現場でも、研究においても、その人のアタッチメントの安心性(Degree of security)やアタッチメントのスタイルを知ることが重要です。イギリスのビフィルコ教授が開発したアタッチメント・スタイル・インタビュー(Attachment Style Interview;ASI)は、アタッチメントの安心性とスタイルを評価する方法です。
アタッチメント・スタイル・インタビュー研究会 https://sites.google.com/site/attachmentstyle/home

妊婦のアタッチメント・スタイルに関連した研究

  • Ikeda M, Hayashi M, Kamibeppu K. The relationship between attachment style and postpartum depression. Attachment and Human Development.2014 DOI:10.1080/14616734.2014.941884
  • Ikeda M, Hayashi M, Kamibeppu K. The experience of postpartum depression among mothers with withdrawn attachment style during pregnancy and the first postnatal month. Open Journal of Depression, 2015, 4, 61-68

産後うつ病予測尺度日本語版(PDPI-R-J)

産後うつ病を予測する尺度で、先行研究からリスク要因となる因子を組み込まれた尺度です。妊娠期および産後に使っていただけます。使用時は下記連絡先まで使用者の氏名と使用目的をお知らせ下さい。折り返し、許諾の連絡と使用方法をお知らせします。
Ikeda M, Kamibeppu K. Measuring the risk factors for postpartum depression: development of the Japanese version of the Postpartum Depression Predictors Inventory-Revised (PDPI-R-J). BMC Pregnancy and Childbirth. 2013; 13:112 doi:10.1186/1471-2393-13-112
日本語版(別添付)
連絡先 研究責任者 池田真理(maritake-tky@umin.ac.jp)

妊娠期からの産後うつ予防プログラム

  • Ikeda M, Nishigaki K, Kida M, Setoyama A, Kobayashi K, Kamibeppu K. The development and feasibility study of Maternal Mental Health Promotion Program (MMHPP) for women during their pregnancy. Open Journal of Nursing, 2014; 4(13).
    ワークシート資料(別添付)

小児がんをもつ子どもと家族

かつては致命的であった小児がん・脳腫瘍は、約8割が治癒する疾患となりました。しかし、疾患そのものや強力な治療・入院や闘病の体験・子どもならではの様々なライフイベントは、治療中・治療後・長期経過後のそれぞれで様々な影響を本人と家族に与えます。どのような治療・ケアがより望ましいと言えるかを、当事者の視点・価値観でらとらえるために、Patient-Reported Outcomes (PRO: 患者報告型アウトカム)を活用した研究を行っています。

詳しくはこちら

小児がんを持つ子どもと家族

小児がんの発症・診断を受けて入院・検査・治療が進む中で、子どもも家族も、様々な体験をしています。下記の関連業績に挙げるとおり、さまざまな課題があり、そのいくつかに取り組んでいます。

関連業績

小児脳腫瘍
  • Nakamura H*, Takami H*, Yanagisawa T, Kumabe T, Fujimaki T, Arakawa Y, Karasawa K, Terashima K, Yokoo H, Fukuoka K, Sonoda Y, Sakurada K, Mineharu Y, Soejima T, Fujii M, Shinojima N, Hara J, Yamasaki K, Fujimura J, Yamasaki F, Takahashi M, Suzuki T, Sato I, Nishikawa R, Sugiyama K, The guideline committee in The Japan Society for Neuro-Oncology (JSNO) Task Force on Central Nervous System Germ Cell Tumors. The Japan Society for Neuro-Oncology Guideline on the Diagnosis and Treatment of Central Nervous System Germ Cell Tumors. Neuro-oncology. 2021; in press. *These authors contributed equally to this work.
  • 温井めぐみ, 上田敬太, 佐藤伊織, 上久保毅, 河村淳史, 清谷知賀子, 佐藤聡美, 吉橋学, 西川亮, 原純一, 日本小児がん研究グループ脳腫瘍委員会神経心理評価小委員会. 脳と発達. 2021; 53: 436-41.
  • Sato I, Higuchi A, Yanagisawa T, Murayama S, Kumabe T, Sugiyama K, Mukasa A, Saito N, Sawamura Y, Terasaki M, Shibui S, Takahashi J, Nishikawa R, Ishida Y, Kamibeppu K. Impact of late effects on health-related quality of life in survivors from pediatric brain tumors: motility disturbance of limb(s), seizure, ocular/visual impairment, endocrine abnormality, and higher brain dysfunction. Cancer Nursing: An International Journal for Cancer Care. 2014;37(6):E1.
  • Sato I, Higuchi A, Yanagisawa T, Mukasa A, Ida K, Sawamura Y, Sugiyama K, Saito N, Kumabe T, Terasaki M, Nishikawa R, Ishida Y, Kamibeppu K. Cancer-specific health-related quality of life in children with brain tumors. Quality of Life Research. 2014;23(4):1059-68.
きょうだい
  • 池田こころ, 佐藤伊織, 上別府圭子. 小児がんで入院している子どものきょうだいに対する介入 情報共有の内容とその効果に関する文献研究. 小児がん看護. 2018; 13(1): 61-73.
  • Kamibeppu K, Sato I, Hoshi Y. The experience of Japanese adolescents and young adults after losing siblings to childhood cancer; Three types of narrative. Journal of Pediatric Oncology Nursing 2015;32(3):165-77.
  • 佐藤伊織, 上別府圭子. 小児がんを持つ子どものきょうだいに対する「情報提供」と「情報共有」 きょうだいへの説明に注目した文献レビュー. 小児がん. 2009;46:31-8.
  • 佐藤伊織, 上別府圭子. 同胞を小児がんでなくした青年期女性の語りに見る悲哀の仕事. 児童青年精神医学とその近接領域. 2005;46:56-64.
思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult: AYA)世代
  • 半谷まゆみ, 関正史, 三谷友一, 樋渡光輝, 岩崎美和, 木村敬子, 副島尭史, 佐藤伊織, 松本公一, 康勝好, 真部淳, 高木正稔, 藤村純也, 滝田順子. 小児科スタッフが中高生以上のがん患者と関わるうえで抱えている課題に関する質問紙調査. 日本小児血液・がん学会雑誌. 2019; 56(5): 447-453.
  • Soejima T, Sato I, Takita J, Koh K, Kaneko T, Inada H, Ozono S, Kamibeppu K. Do childhood cancer and physical late effects increase worries about future employment in adulthood? Cancer Reports. 2019;2:e1175.
  • Sato I, Higuchi A, Yanagisawa T, Murayama S, Kumabe T, Sugiyama K, Mukasa A, Saito N, Sawamura Y, Terasaki M, Shibui S, Takahashi J, Nishikawa R, Ishida Y, Kamibeppu K. Employment status and termination among survivors of pediatric brain tumors: a cross-sectional survey. International Journal of Clinical Oncology. 2018;23:801-11.
造血幹細胞移植
  • Hayakawa A, Sato I, Kamibeppu K, Ishida Y, Inoue M, Sato A, Shiohara M, Yabe H, Koike K, Adachi S, Atsuta Y, Yamashita T, Kanda Y, Okamoto S. Impact of chronic GVHD on QOL assessed using visual analogue scale in survivors after pediatric HSCT and those depending on QOL raters: a cross-sectional observational study in Japan. International Journal of Hematology. 2022; 115(1): 123-8.
  • Nakajima S, Setoyama A, Sato I, Fukuchi T, Tanaka H, Inoue M, Watanabe K, Koh K, Takita J, Tokuyama M, Watanabe K, Kamibeppu K. Predictors of parental distress during acute phase of pediatric hematopoietic stem cell transplantation in Japan: A multicenter prospective study. Blood Cell Therapy. 2019;2(3):39-49.
  • 石田也寸志, 佐藤伊織, 井上雅美, 早川晶, 塩原正明, 佐藤篤, 上別府圭子, 熱田由子, 山下卓也, 谷口修一. 本邦の自家/同種造血幹細胞移植後長期生存小児患者におけるQuality of Lifeに関する横断研究. 日本造血細胞移植学会雑誌. 2018; 7: 107-112.

患者立脚型アウトカム(Patient-Reported Outcomes)の開発

生存期間の延長や検査の値とは異なり、患者立脚型アウトカムは、生活の質(QOL)や症状の辛さなどといったアウトカムは患者(当事者)自身によって報告(例:自記式質問紙に回答)されることが望ましいものです。下記のように特に小児を対象とするものを中心に、QOL/PRO尺度を開発しています。

関連業績

PedsQLコアスケール乳幼児用
  • Sato I, Soejima T, Ikeda M, Kobayashi K, Setoyama A, Kamibeppu K.
    Reliability and validity of the Japanese version of the Pediatric Quality of Life Inventory Infant Scales.
    Journal of Patient-Reported Outcomes, 2022; in press

PedsQLコアスケール若年成人版
  • Kaneko M*, Sato I*, Soejima T, Kamibeppu K. Health-related quality of life in young adults in education, employment, or training: Development of the Japanese version of Pediatric Quality of Life Inventory (PedsQL) Generic Core Scales Young Adult Version. Quality of Life Research. 2014;23(7):2121-31. *these two authors contributed equally to this work.
PedsQL脳腫瘍モジュール
  • Sato I, Higuchi A, Yanagisawa T, Mukasa A, Ida K, Sawamura Y, Sugiyama K, Saito N, Kumabe T, Terasaki M, Nishikawa R, Ishida Y, Kamibeppu K.
  • Development of the Japanese version of the Pediatric Quality of Life Inventory Brain Tumor Module. Health & Quality of Life Outcomes. 2010;8:38.
PedsQL移植モジュール
  • Kikuchi R, Mizuta K, Urahashi T, Sanada Y, Yamada N, Onuma E, Ono M, Endo M, Sato I, Kamibeppu K. Development of the Japanese version of the PedsQLTM Transplant Module. Pediatrics International. 2017;59(1):80-8.
PAT(Psychological Assessment Tool)
  • Tsumura A, Okuyama T, Ito Y, Kondo M, Saitoh S, Kamei M, Sato I, Ishida Y, Kato Y, Takeda Y, Akechi T. Reliability and validity of a Japanese version of the Psychosocial Assessment Tool for families of children with cancer. Japanese Journal of Clinical Oncology. 2020; 50: 296-302.
MDASI-BT
  • Tanaka S, Sato I, Takahashi M, Armstrong TS, Cleeland CS, Mendoza TR, Mukasa A, Takayanagi S, Narita Y, Kamibeppu K, Saito N. Validation study of the Japanese version of M.D. Anderson Symptom Inventory Brain Tumor Module (MDASI-BT). Japanese Journal of Clinical Oncology. 2020; 50: 787-93.

QOL/PRO評価の実装に向けた現実的取り組み

QOL/PRO評価が重要といっても、認知的・身体的に発達途上であったり障害があったりして難しいことは多々あります。また評価をしてもらう(医療者・研究者)側としても、客観的指標と異なりどのように実装すればよいか、どのように結果を解釈すればよいか悩む場合もあります。これらの課題解決に向けて取り組んでいます。

関連業績

QOL評価傾向の特徴や関連要因

Ikeda M, Sato I, Soejima T, Setoyama A, Kobayashi K, Fukuzawa R, Kamibeppu K. Parents’ perceptions and judgment formation process of their infants’ quality of life. Open Journal of Nursing. 2020; 10: 1219-1232.
→ 乳児のQOLを評価する親が、どのように考えて尺度に回答しているかを認知的インタビューにより明らかにしました

Nakajima S, Sato I, Soejima T, Koh K, Kato M, Okamoto Y, Imamura T, Maeda M, Ishida Y, Manabe A, Kamibeppu K. Comparison of child and family reports of health-related quality of life in pediatric acute lymphoblastic leukemia patients after induction therapy. BMC Pediatrics. 2020; 20: 390.
→ 寛解導入療法中の白血病患児のQOL評価が、子ども自身による場合と親による場合とでどの程度一致し、どのような場合に一致しない傾向にあるかを明らかにしました

Sato I, Higuchi A, Yanagisawa T, Mukasa A, Ida K, Sawamura Y, Sugiyama K, Saito N, Kumabe T, Terasaki M, Nishikawa R, Ishida Y, Kamibeppu K. Factors influencing self- and parent-reporting health-related quality of life in children with brain tumors. Quality of Life Research 2013;22(1):185-201.
→ 小児脳腫瘍患者へQOL尺度への回答を依頼する際にインタビュー形式でも結果が変わらないこと、また治療段階等が子ども自身の評価と親による評価のそれぞれに影響を与えることを明らかにしました

QOL/PRO調査の実装に係る課題とその解決策

Sato I, Soejima T, Ishida Y, Maeda M, Koh K, Kamibeppu K. Simple change in logistic procedure improves response rate to QOL assessment: A report from the Japan Children’s Cancer Group. Journal of Patient-Reported Outcomes. 2020; 4: 48.
→ 日本小児がん研究グループ(JCCG)臨床試験においてアウトカムとして用いられている自記式調査票の回収率向上を試み、実際に向上したかを検証しました

Sato I, Sakka M, Kita S, Soejima T, Kamibeppu K. Randomized comparative study of child and caregiver responses to three software functions added to the Japanese version of the electronic Pediatric Quality of Life Inventory (ePedsQL) questionnaire. Journal of Patient-Reported Outcomes. 2020; 4(1): 49.
→ PedsQL電子版が、紙版と変わらぬ計量心理学的特性を持つこと、また電子版に持たせることのできる機能の影響を実験的に明らかにしました

小児慢性疾患患者のトランジション

医療の進歩に伴い、小児慢性疾患患者が成人を迎えるにあたっての様々な課題が明らかになってきています。当教室では、患者が、自分の疾患を理解し、疾患管理を主体的に行えるようになること(Transition)、またその上で、身体・心理・社会的発達に伴って、適切なタイミングで成人診療科へ移行(Transfer)すること、を目的とした様々な臨床実践と研究に取り組んでいます。

詳しくはこちら

臨床実践

小児慢性疾患患者の疾患理解や疾患管理における自立をサポートするための、「成人移行期支援外来」の開設、外来における支援、評価研究を行っています。
2017~2019年にかけて、成人移行期支援外来の効果を評価するためのランダム化比較試験を行いました。臨床実践と研究が共同した、エビデンスに基づくケアの提供へ向けて日々取り組んでいます。

関連業績

移行準備性を評価する尺度:日本語版TRANSITION-Qの開発

Mayumi Morisaki-Nakamura,Seigo Suzuki,Asuka Kobayashi,Sachiko Kita,Iori Sato,Miwa Iwasaki,Yoichiro Hirata,Atsushi Sato,Akira Oka,Kiyoko Kamibeppu. Pediatrics International, 2021; 63(3): 270-78.

尺度の項目例(全14項目):     

  • 私は医師や看護師の質問に答えます
    私の健康に関わることを決めるときは、自分も意思表示します

日本語版TRANSITION-Q尺度は、下記より購入することができます。
https://canchild.ca/en/shop/6-transition-q
日本語版TRANSITION-Q尺度を使用される場合は、必ず上記の文献を引用して下さい。

小児慢性疾患患者へのインタビュー調査

  • Mayumi Nakamura, Sachiko Kita, Ryota Kikuchi, Yoichiro Hirata, Takahiro Shindo, Nobutaka Shimizu, Ryo Inuzuka, Akira Oka, Kiyoko Kamibeppu. Journal of Pediatric Nursing, 2018;38:e12-18.

成人移行期支援に関する医療者への意識調査

  • Seigo Suzuki,Sachiko Kita,Mayumi Morisaki,Ryota Kikuchi,Iori Sato,Miwa Iwasaki,Eiko Otomo,Hiromi Sekiguchi,Yoichiro Hirata,Atsushi Sato,Masahiko Sugiyama,Kiyoko Kamibeppu. Nurses’ perceptions regarding transitional care for adolescents and young adults with childhood-onset chronic diseases. Japan Journal of Nursing Science, 2020; 17(3):e12323.

家族の暴力(Family violence)

パートナーからの暴力(IPV)や子ども虐待などの家族で起こる暴力

世界で約3人に1人がパートナーからの暴力(Intimate Partner Violence: IPV)、約3人に1人の子どもが子ども虐待の被害を受けています。日本でも約4人に1人の女性がIPV、約3人に1人の幼い子どもが不適切な養育にさらされています。暴力がない社会、暴力を受けた当事者が心身・社会的に健康を回復できる社会の実現を目指して、様々な角度から、家族の暴力(Family violence)に関する研究を行っています。
1.暴力の世代連鎖の予防・終結に向けた研究
2.当事者の心理・社会的健康回復に向けた研究
3.虐待ゼロの地域づくりの研究

詳しくはこちら

1. 暴力の世代間連鎖の予防・終結に向けた研究

 

1-1.妊娠中のIPVとその周産期メンタルヘルスと新生児虐待への影響に関する研究

・妊娠中のIPVの割合とリスクファクター
妊娠中のIPV被害は15.9%であり、リスクファクターは30歳以上であること、過去に中絶経験があること、パートナーの年齢が30未満であることが報告された。(Kita et al., 2013)

・妊娠中のIPVを2項目で測る尺度の開発
妊娠中のIPVを2項目で測ることができる日本語版Woman Abuse Screen Tool (日本語版WAST)の開発と効果検証を行った。この尺度は、妊婦に対する負担も少なく、妊婦外来の初診用紙などでも安全に使用できる尺度である。(Kita et al., 2017)
日本語版WASTはこちら

●妊娠中のIPVが及ぼす産後うつ、ボンディング障害、新生児虐待への影響とその関連要因
・妊娠中のIPVが産後うつとボンディング障害に影響を与えること、その関連性に妊娠中のうつ症状が媒介していることを報告した。(Kita et al., 2016)
日本語の結果はこちら

・妊娠中と産後のIPVが新生児虐待の要因となること、妊娠中にIPV被害にあった妊婦は、被害がない妊婦に比べて、産後の新生児虐待の割合が約2~3倍増えることを報告した。(Kita et al., 2019)
日本語の結果はこちら1

日本語の結果はこちら2

・妊娠中のIPVと産後うつとボンディング障害の関連に、妊娠中のソーシャルサポートの満足度が媒介していることを報告した。(Kita et al., 2020)
日本語の結果はこちら

・妊娠中のIPVと新生児虐待の関連に、産後うつとボンディング障害ではなく、子どもへの被害的認知が媒介していることを報告した。(Kita et al., 2020)
日本語の結果はこちら

・妊娠中のIPVが胎児へのボンディング障害の要因となっていること、その関連性に妊娠への消極的態度(喜べない気持ち)が媒介していることを報告した。(Kita et al., 2019)

 

1-2.家族の多重暴力の尺度開発と実態研究

・家族内の暴力、つまり、IPV、子ども虐待、高齢者虐待はしばしば連鎖し、重複する
=家族の多重暴力(Family poly-victimization) 

 

 

 

・幼少期の被虐待体験があると1.7倍、IPV被害があると3.4倍、幼少期の被虐待体験とIPV被害の両方があると5.2倍、新生児虐待に至る割合が高くなることを報告した。(Kita et al., 2021)

・IPV、子ども虐待、高齢者虐待の多重性・連鎖性を測る日本語版Family Polyvictimization Scale(日本語版FPS)の開発

 

関連業績

1-1.妊娠中のIPVとその周産期メンタルヘルスと新生児虐待への影響に関する研究

Kita S, Kataoka Y, Porter SE. Prevalence and risk factors of intimate partner violence among pregnant women in Japan. Health Care for Women International, 35(4), 442-457, 2013.

Kita S, Haruna M, Hikita N, Matsuzaki M, Kamibeppu K. Development of the Japanese version of the Woman Abuse Screening Tool-Short. Nursing and Health Sciences, 19(1), 35-43, 2017.

Kita S, Haruna M, Matsuzaki M, Kamibeppu K. Associations between intimate partner violence (IPV) during pregnancy, mother-to-infant bonding failure, and postnatal depressive symptoms. Archives of Women’s Mental Health, 9(4), 623-634, 2016.

Kita S, Chan KL, Tobe H, Hayashi M, Umeshita K, Matsunaga M, Uehara N, Kamibeppu K. A follow-up study on the continuity and spillover effects of intimate partner violence during pregnancy on postnatal child abuse. Journal of Interpersonal Violence, 2019 (Ahead of print; doi: 10.1177/0886260518821460)

Kita S, Hayashi M, Umeshita K, Tobe H, Uehara N, Matsunaga M, Kamibeppu K. Intimate partner violence and maternal child abuse: The mediating effects of mothers’ postnatal depression, mother-to-infant bonding failure, and hostile attributions to children’s behaviors. Psychology of Violence, 10(3), 279-289, 2020.

Kita S, Haruna M, Matsuzaki M, Kamibeppu K. Does antenatal social support affect the relationships between intimate partner violence during pregnancy and perinatal mental health? Violence Against Women, 26(6-7), 573-589, 2020.

Kita S. Umeshita K, Tobe H, Hayashi M, Kamibeppu K. Intimate partner violence, negative attitudes towards pregnancy, and mother-to-fetus bonding failure among Japanese pregnant woman. Violence and Victims, 34(3), 536-547, 2019.

1-2.家族の多重暴力の尺度開発と実態研究

Kita S, Tobe H, Umeshita K, Hayashi M, Kamibeppu K. Impact of intimate partner violence and childhood maltreatment on maternal-infant maltreatment: A longitudinal study. Japan Journal of Nursing Sciences, 18(1), e12373, 2021.

2.当事者の心身・社会的健康回復に向けた研究

 

2-1.IPV被害「その後」の母子の健康に関する研究

・IPV被害から逃れて7年後の母親は76%はPTSD症状、50%はうつ症状、68%は不安症状を有し、子どもの53%は引きこもり・抑うつなどの内向的問題、48%は非行や攻撃的行動などの外向的問題を抱えていることを報告した。

 

2-2.IPVサバイバーのトラウマリカバリーのプロセスに関する研究

・IPVサバイバーのトラウマリカバリーのプロセスに関する研究
IPVサバイバーのリカバリープロセスを明らかにするために、図や絵を描いてもらいながらナラティブにインタビューする方法(Clinical Ethnographic Narrative Interview:CENI)を用いて、リカバリープロセスとその関連要因を明らかにする研究を行っている。

関連業績

3.虐待ゼロの地域作りに向けた研究

 

3-1.市民向けた子ども虐待予防の研究プログラムの開発と効果検証:地域参加型研究(Commutity Based Participatory Research:CBPR)

・主任児童委員、民生児童委員、青少年連絡協議会などの市民リーダー、子ども家庭支援センターなどの行政職員、民間団体の職員、小児科医師や助産師、小児救急認定看護師などの医療者と共に、市民向けの子ども虐待予防の研究プログラム(Training program for Child Abuse Prevention for Citizens: TCAP-C)を開発し、その効果検証を行った。

 

3-2.虐待にさらされた子どもの効果的な養育環境に関する研究

・面前DVが及ぼす未就学の子どものQOLへの影響は、保育園などの保育サービスの利用によって緩衝されていたことを報告した。つまり、子どもが家庭内で面前DVにさらされていても、家庭の外で健全な保育環境・サービスを利用できていれば、子どものQOLへの影響が少なくなることが明らかになった。(Kita et al., 2020)

関連業績

3-2.虐待にさらされた子どもの効果的な養育環境に関する研究

Kita S, Sato I, Sakka M, Soejima T, Kamibeppu K. Does the use of childcare services reduce the impact of intimate partner violence on the quality of life of children?: Multiple-group structural equation modeling. Applied Research in Quality of Life, 2020 (Ahead of print; doi: 10.1007/s11482-020-09847-w)

家族のレジリエンス

家族のレジリエンスを高める支援

ストレスや逆境にあってもそれを乗り越え、立ち直る力やプロセスを意味する「レジリエンス」は、誰でも何歳でも高められることが分かっています。特に育児中の家族に向け、「感情」に焦点を当てて、レジリエンスを高める支援を行っています。

詳しくはこちら

ファミリーレジリエンスプログラム

●レジリエンスとは「逆境や大きなストレスにあっても立ち直る力」です。「ストレス」と同じように、元は物理用語でしたが、1960年代、戦争や貧困、虐待など、深刻な逆境を経験した子どもの中でも、正常な発達を遂げる子どもとそうでない子どもの違いは何か、という問いからレジリエンス研究が始まり、心理的な用語として使われるようになりました。今では、組織や環境など、様々な分野でレジリエンスが重要な焦点として取り上げられています。レジリエンスは誰でも、何歳になっても高めることができます。また、親のレジリエンスは子どものレジリエンスに大きな影響を与えます。 

●レジリエンスを高める要素は多岐にわたりますが、その中でも、家族関係に大きな影響を与える、怒りの感情調整、コミュニケーション、そのベースとなる前向きな見方や自尊心/自己効力感に焦点をあててプログラムを開発し、その効果をランダム化比較試験で検証しました。静岡県の三島市と茨城県の牛久市在住の3~6歳の子どもさんを育てるお母さんたち121名に参加していただき、4回のプログラムを受講した介入群とお茶会に参加した対照群を比較した結果、介入群は対照群に比べて、介入直後、2か月後に、レジリエンス、自尊心、子どもに対する怒り表出、子どもに対する怒りのコントロール、子どもの不適切な行動に対する肯定的な態度、育児感情、問題焦点対処が改善していました。

●その結果を元に、各地で講演やワークショップに招かれて子育て中のお母さんやお父さん、専門家の方々にお伝えしています。看護職やサポーターの方、また夫婦やお母さん同士で継続して学び、訓練するためのガイドブックが医学書院から出版される予定です。(2023年)

関連業績

Tobe H, Sakka M, Kamibeppu K. The efficacy of a resilience-enhancement program for mothers in Japan based on emotion regulation: study protocol for a randomized controlled trial. BMC Psychol. 2019;7(1):69. 

母親の怒りに関する研究

●育児によるストレスを感じる母親が増加しており、その際に感じる感情は子どもが1歳半を過ぎると、不安よりも怒りが強くなります。身体的な虐待だけでなく、心理的な虐待もまた、子どもの脳を傷つけ、子どものうつや境界性パーソナリティ―障害のリスクを増加させます。発達障害様症状を増強させ、さらに怒られる悪循環を生む場合もあります。虐待よりも広義のマルトリートメント(不適切な養育)は、子どもに長期的で深刻な悪影響を及ぼします。一方、母親もまた、自分は子どもを虐待しているのではないか、人から虐待をしていると思われているのではないかという虐待不安を持つ割合が増加しています。また怒りはうつとも関連が大きく、母親自身にとっても悪影響を及ぼします。母親が父親に対して怒りをぶつけることも社会的に問題になっており、夫婦間の暴力や暴言を見聞きすることは子どもにとって、自分自身に対する虐待よりもはるかに悪影響があると言われています。また、親の感情調整(感情のコントロール)は子どもの感情調整に大きな影響を与えます。子どもが適切に感情を表出できるように助けるために、まずは親自身がそれをトレーニングする必要があります。

●怒りのコントロール方法(アンガーマネジメント)と子育て(ペアレンティング)の両方のスキルを訓練するプログラムを開発し、茨城県、千葉県の50名の母親に受講していただき、前後比較試験で効果を検証しました。介入前に比べて、介入後、介入2か月後、怒りの特性と子どもに対する怒りの表出は統計上有意に減少し、怒りのコントロールは有意に改善していました。また、9割が「怒ることにも意味があることを知り、気持ちが楽になった。」「子どもの小さな進歩や努力を誉めることが増えた。」「子どもの個性や成長に合わせた現実的な期待を抱くようになった。」 8割が「子どものできていない事より、できてていることに目を向けられるようになった。」「子どもを怒る時、叩くことが減った。」と回答しました。

●妊娠後期の女性を対象にした怒りとうつに関する縦断的研究では、妊娠中の怒り特性の高さ妊娠中のレジリエンスの低さと産後うつの高さと有意に関連していました。妊娠中のレジリエンスの高さは、妊娠中の怒りの高さと産後うつの高さを部分的に緩衝していました。怒りの特性が高い妊婦に対して、レジリエンスを高めることにより産後うつを軽減できる可能性があることが示唆されました。

関連業績

Tobe H, Soejima T, Kita S, Sato I, Morisaki-Nakamura M, Kamibeppu K, Ikeda M, Hart C, Emori Y. How participating in a group-based anger management program changed Japanese mothers’ cognition, attitude, and behavior: A Pre-Post Study. Mental Health & Prevention. 25, 200228

Tobe, H., Kita, S., Hayashi, M., Umeshita, K., & Kamibeppu, K. Mediating effect of resilience during pregnancy on the association between maternal trait anger and postnatal depression. Comprehensive Psychiatry, 2020: 152190.

家族のためのマインドフルネス

●マインドフルネスは瞑想を医療に取り入れた心理プログラムで「心の筋トレ」と呼ばれ、その研究は昨今劇的に増加しています。家族という最も大切で最も難しい人間関係にマインドフルネスを取り入れることで、個人のメンタルヘルス、家族関係が改善されます。

●妊婦とそのパートナーを対象にした妊娠と出産のためのマインドフルバーシングを開発したNancy Bardackeからトレーニングを受け、日本に招聘してプログラムを開催しました。またプログラムの効果検証を行っています。

戸部浩美, 丹家歩, ナンシー・バーデキー, 室謙二. 妊娠・出産のためのマインドフルネス(特集 助産師が活用したい、出産・育児のためのマインドフルネス). 助産雑誌. 医学書院, 2020 March, 166-190.

 

●マインドフルネスを子育てに生かすためのマインドフルペアレンティングを開発したSusan Bogels教授(アムステルダム大学)からトレーニングを受け、東京大学に招聘し、その著書を翻訳して出版しました。そして、そのプログラムの効果検証を行っています。

戸部浩美(訳). マインドフルペアレンティング 忙しいママとパパのためのマインドフルネス. 北大路書房, 京都. 2020.

 

北大路書房のウェブサイトで、瞑想ガイダンスがダウンロードできます。https://www.kitaohji.com/book/b581662.html

 

関連業績

ページトップへ戻る